ハートに火をつけて

友情!努力!勝利!有岡!大貴!

『DEAR.』全曲感想

先日発売されましたHey!Say!JUMP5枚目のアルバム「DEAR.」、それなりに聴き込みましたので全曲レビューいってみます!!!!

全体的に語彙力が足りないのと後半ダレてきて口調が変なことになってます。

コンサートのネタバレもありますのでご注意ください。

 

 

1.invitation(instrumental)

ありませんか?!?!!!?!

オルゴールをバックに女性のセリフが入っていて、そこから若干不穏な雰囲気のあるアコーディオンのサウンドに変わる瞬間、ゾワワッと鳥肌が立ちました。ホーンテッドマンションの幽霊たちが踊ってる大広間、あそこと通じるものを感じます。すごく好きなんですけどちょっと怖いんですよね~~~。

 

2.Masquerade

リード曲としてWSなんかでもたびたび取り上げられている曲ですが、世間の抱くJUMPのイメージとはかけ離れたビッグバンドサウンドで始まる、クールでエロスな一曲です。できることなら生バンドをバックに従えて歌ってほしかった・・・間奏なんかジャズコンサート聴きに来たのかな?と勘違いしそうな圧巻のサウンドです。ダンスもダイナミックだし、フォーメーションが綺麗。大きい移動が多いのですが人数が多いので気にならない。薮ちゃんの「ロンドを踊るのさ」で前に出てくる、ゆうやの背中から指先にかけての曲線が最高に美しくて妖艶です。大ちゃんの「見せてあげる」は「魅せてあげる」でもあるはず。こういうカッコいい路線の曲だと伏し目がちにアンニュイな表情で歌うことが多くてうれしい・・・。二番Aメロで三人ほど従えて踊る大ちゃんが一番性癖ドンピシャでした。

 

3.Run de Boo!

コール&レスポンスが楽しそう!早くコンサートで聴きたい一曲!どうせ終電で帰るんだろ?!って思いながら伊野尾ちゃんの「朝まで遊ぼうぜぃ!」聴くとレコ―ディング風景観たくなりますね。冒頭のジュリエット!!!!でテンションブチアゲです。ぶっちゃけ初解禁時は「JUMPJUMP言い過ぎじゃない????」とそんなに、な印象だったのですがスルメ曲ですね!!!!!歌い方を変えて低くしてみたり、光くんの「じゃんぷ うぃず みー!おっおー!」がどう考えてもひらがな表記にしか聞こえなかったり、ロカビリー調のメロディだからって曲の雰囲気が完全にそっちに向かうわけではなく全体的にかわいいJUMPがぶちまけられていてサイコーです。

 

4.ドリームマスター

「ドリームマスター」という単語に平成初期のおもちゃのようなチープ感があってタイトルだけだとウン・・・。って感じなんですが、意外にもクール路線の曲です。歌いだしの雄也がメチャクチャ好きなソロパートです。あとBメロが死ぬほどカッコいい!!!難しそうなメロディだけどこれを歌うJUMPちゃん観たかったなぁ。伊野ちゃんの「足元注意で」のとことか、なんか全体的にspeedっぽい。

 

5.B.A.B.Y

発売前に解禁されていた曲の中ではイッッッッチバン好きだったのにまさかのセトリ落ち・・・・打ち込みのサウンドとか「なんだか僕君しか見えてないみたい」「探してみない?愛こそすべて」「世界が注目」という歌詞にそこはかとなくK-POP感じたのですがそれもそのはず、作詞・作曲に参加されてる方がSHINeeとかに楽曲提供している作詞の方でした。今までにないタイプの曲で、伊野尾ちゃん光くん知念ちゃん大ちゃんあたりの甘めボイスがドンピシャで雰囲気にあってますね!!!!びーまいびーまいびまーいべいべー!って思わず口ずさみたくなる。大サビ前の「怖がりの思考回路をきいて gotta go gotta go 今を掴め」大ちゃんのソロパートランキングでも相当上位に来ます。やわらかくて透明感のあるキャンディーボイスとピッタリ!!!!

 

6.キミアトラクション

色んな方がおっしゃってますがここまでのオシャレ曲続きの中でキミアトラクション聴くと妙の安心感があります。これだよこれ!と言いたくなる。コンサートや歌番組で結構聴いてきましたけど、シングルとしてではなくアルバムの中の一曲として流れてくるとまた違った印象で、毎回飛ばさずにしっかり聞いています。

 

7.Special Love

タイトルからしてバラードかと思ったら全然違った!!!!Aメロ聴いてるとKEYTALKのMONSTAR DANCE思い出す・・・Bメロからサビへ畳みかけるようなメロディで「Show me what you got!!」全力でシャウトしたい!!!!Bメロの歌詞ちょっと林檎嬢ぽくないですか?コンサートで聴きたかった「濡れておいで」・・・。雄也のソロパートがメチャクチャ好きです。

 

8.Dear.

個人的にアコギが好きなのでイントロがめっちゃ好みです。バラードだけど重ったるくなくていい。一番のやまちゃんから裕翔につなぐところ、ジーンと聞き入ってしまった。あと最後の薮ちゃんの上ハモもとても綺麗・・・8ミリカメラで撮ったPVつけてほしい・・・・。

 

9.Eternal

槇原敬之作曲かな?ディアプリンセスとか歌われるとちょっと照れますわ・・・。バラードですがミドルテンポなのでDear.と続いてもくどくなくていい。普段なら薮ちゃんやまちゃんで担当しそうなパートは伊野ちゃん大ちゃんで、雰囲気にもあってるし二人の甘めボイスはこういう曲で活きてくるな~としみじみ感じました!

 

10.SUPERMAN

ちょーーーー大好き!!!!!!!!!!打ちこみバリバリドゥンドゥンしたEDMサウンド!!!!!!ラップ!!!!!!!!甘~い曲が続いたのでここでこれが来ると落ち着いていたテンションがまた上がっていきますね~~!!!NEW AGEを彷彿とさせるひかちゃん→大ちゃんの疾走感のあるラップと圭人の本物英語ラップほんと威圧感あっていいと思うのでどんどんやってほしい・・・サビ前のやまちゃんの「戦うよSUPERMAN」の歌い方好きすぎて苦しい。たぶんこのアルバムのやまちゃんソロでいちばん好きなところです。

 

11.order

ちょーーーーーーーーーーーーーー大好き!!!!!!!!!!!!やっぱコンサートに生バンドつけようよ・・・今からでも遅くないよ・・・・・R&B調かつジャジーで普段洋楽聴く人間には親しみやすいし、えっJUMPってこんな曲もあるの?!って一般の人にもアプローチしやすいと思います。AメロゆうやからのBメロの薮ちゃん、圭人の吐息まじりの「Everyone's gonna love tonight」、サイコーにエッチです。ぶぎのん・・・ぶぎぶぎのん・・・・は・・・・かわいいのでいい!!!!さいこう!!!!!!!!二番の知念ちゃんソロは最初知念ちゃんだってわからなかった!あんな歌い方もできるんだ・・・

 

12.Tasty U

イントロながれ出した瞬間、何が始まるんだ????って思いました。愛僕的立ち位置?ポルノのアゲハ蝶、初期ポルノのak.hommaさんが手がけた曲っぽい。「嘘なんてもういらない」のサビで盛り上がったあと一気に下がってくるところが一筋縄ではいかない恋のかけひきを感じさせます。

 

13.スローモーション

これまた新しいタイプの曲調!エレクトリック!Perfumeぽい。光くん歌いだしって珍しい気がする。こういうシンセがきいた曲と光くんの声かなり合いますね。ていうかJUMPの歌声とテクノポップの相性ってバツグンだと思うのでもっとこういうピコピコサウンドの歌聴きたい!!!!「世界はいつだって僕らをじっとさせない」時代がJUMPを必要としてるんだよ~~って気分!コンサートで聴きたかったけどちょっと毛色が違う歌だしセトリ落ちも納得・・はしないけどわからなくもない。

 

14.愛のシュビドゥバ

フリッパーズギターは名前しか存じてなかったんですが、聴いてみたらなるほど~!ってなりました。初解禁のときはまたよくわからん系カワイイソングか!!!!ポップコーンって言っちゃってるじゃんか!!!!って思ってましたが、フルで聴いた瞬間に「すみませんでした」って感じ。ジャズチックでこれもブラスバンドがかっこよい。やっぱ生バンドいれようよ~~~~~(しつこい)歌詞が甘々なんですがそれ以上にメロディが好きだ~~~~。間奏のトランペット最高。「ああ片想いor両想い」のゆうと、語尾に♡ついてない?ってぐらいあっっま~~い声!曲調は今までのアルバムにない珍しいタイプだけど、安心安定のカワイイJUMP!

 

15.KISS Diary

「カウントダウンをしながら明けた今年が」ってカウントダウン行ったJUMP担みんな泣いたんじゃないの???正直に申し上げると他の曲に比べるとインパクトに欠けるので覚えづらいところがある・・・

 

16.Brand New World

みえる・・・みえるぞ・・・・!本編のトリでみんなでこれを歌っている姿が・・・!!→実際:セトリ落ち ここでやっときた王道アイドルソングですね。俺たちの冒険はこれからだ!な歌詞ですがコンサートの終わりっぽくもあるのでこれ聴くとなんかつらくなる。帰りたくないよ!!!まだここにいたいよ!!!って気分になります。→実際:セトリ落ち

 

17.From.

パステルとかWalkが好きな人にはドンピシャなんじゃないでしょうか。そうです、私です。こういうなんでもないような日常に幸せを感じる、ハピネスが溢れてる歌は心の栄養になります。どこにでもいるようなカップルだってそれぞれの幸せがあって、思い思いの愛のかたちがあるんだなあ・・・とジーンとします。スカイブルー、レモンイエロー、フラミンゴピンク、って感じ。みんな歌い方がサクサクフワフワしてて重くないし、メレンゲみたいな曲。ていうか応援してるアイドルグループに「君と同じ時代に生まれてきた僕らはツイてる」なんて歌われたら・・・本当にファン冥利につきます・・・・ちがうよ、あなたたちと同じ時代に生まれてきた私たちがツイてるんだよ(泣)

 

18.今夜貴方を口説きます

イントロからOne night carnivalみたいで盛大に笑いました。伊野尾ちゃんほんとに頭おかしいと思う・・・右からっぁ口説くぅ!左からっ、ぁ口説くう!のとこちゃんと左右ずつ流れるのとか凝り性かよwww深夜アニメの主題歌っぽさよ。パラパラおどってほし~~~!!!!毎年ユニットで愉快なことになってる伊野尾ちゃんですが3つともまったく方向性が違うので「またネタ曲かよ!」とはならない。C&R楽しみすぎる!人的に「You're my lady」の「lady」を「レイディ」って歌うひとが好きなのでそこがメチャクチャうれしかった!

 

19.Mr.Flawless

これもジャズ風!好き!!!三人とも歌い方が大人っぽく色気をにじませていて、特に録りなおしまでしたゆうやの吐息交じりの歌声はすばら!すばら!銀色のタキシードに蝶ネクタイでステッキ持って、真っ赤なソファ真ん中に置いて歌ってほしい・・・バラの演出すっごい良いと思う!

 

20.僕とけいと

これとつぜん歌ってファンから無条件で受け入れられるのHey!Say!JUMPだけだよ・・・・。かわいいにかわいいを重ねてかわいいでコーティングしたかわいいしかない歌です。解禁当初は宇多田ヒカルの「ぼくはくま」を思い出して仕方がなかった。「ああずっとこのままいれたらいいな」「二人いつでもいっしょだよ」でオタク心が刺激され涙がちょちょぎれそうになります。

 

21.My Girl

も~~~~~これだけのためにJUMPと全国行脚したいくらい好きです!!!!!!振付s**tkingzだし!!!!!解禁前のJUMP担みんな「バラードじゃありませんように・・・」って祈っててサイコーに面白かった。大ちゃんの女の子を奪おうとしているやまちゃんの図だと思うんですが、大ちゃんパートの「彼女と僕との間を Can't you see?(見えないのか?=わかるだろ?)邪魔はできない」「listen up,she is my...(聞けって、彼女は俺の...)」から伺えるように大ちゃんの方が立場が上のはずなのに、自らを花沢類的立ち位置だと自覚している大ちゃんのふりしぼるように切実な「僕だけを見て」が胸の奥を苦しくさせます。ただなんで主旋律:やまちゃん ラップ:大ちゃんで分けちゃったんだろう・・・もっと大ちゃんの主旋聴きたかった・・・・。

 

まとめ

全体的に雰囲気がまとまっていて統一感のあるアルバムで、コンセプトがわかりやすかったです。いい意味でJUMPing CARと正反対です。ただ言い方を変えるとオシャレにまとまりすぎてて一曲一曲のインパクトがCARには劣るのかな、とは思いました。ただ聴き込めば聴き込むほど魅力を感じさせるスルメ曲ばかりで、発売してからほんとこれしか聞いてないレベルに何周も何周も楽しめるアルバムです!今までのカッコイイ路線/カワイイ路線の定石から外れてJUMPの新しい可能性をみることができたので、シングルももっと冒険してカッコイイ曲出してほしいな~~。以上!

 

あと8日でコンサート・・・・震える・・・・・・